学校 引越し 手続き

小学校の引越し手続きを分かりやすくイラストで説明

引越しに伴って小学校を転校することになったら、まず何をすればいいのでしょうか?
小学生のお子さんの転校手続きを詳しく分かりやすく解説します。

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

ところであなたの引越し料金は、最安値ですか?

 

引越し費用はできるだけ安い方が嬉しいですよね。
引越し料金を安くするには、複数の引越し業者に見積もりを取って比較するしかありません。

 

今は引越し業者に一括見積もりが出来る便利な時代です。
安くて条件の良い引越し業者ほど予約がどんどん埋まります。

 

もし新居の住所が決まっているなら、いますぐに一括見積もりをしておきましょう。

 

学校引越し手続き

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ライフル引越し
引越し

・住まい探しのライフルの引越し
・はじめての引越しにもおすすめ
・あなたに合った業者とは

 

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


 

 

同じ市内や区内での引越しの場合

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

@引越しすることが決まって転校しなければならない地域だった場合、まずは学校に電話をかけて担任の先生にお知らせしましょう。
先生が書類を用意してくれますが、日数がかかることもありますので早めにご相談ください。
新居が決まっていればその住所もお知らせください。
まだ決まっていない場合は、決まったらすぐに連絡してくださいね。

 

しばらくすると学校から「在学証明書」と「教科書給付証明書」が発行されます。
印鑑を用意して取りに行きましょう。

 

Aそして引越しをしたら市役所で「転居届」を提出します。
これは引越し後2週間以内に出してください。
新住所の「住民票」を取りましょう。

 

市役所の中にある教育委員会もしくは関連施設に「新住所の住民票」「在学証明書」を提示すると、通うべき転入先の学校を教えてくれて、「転入学通知書」を発行してくれます。

 

B転入先の学校にまず電話で転入したい旨を伝え、訪問日を決めます。
学校の雰囲気なども知っておくといいのでお子さんも同行したほうがいいですね。
訪問日に「在学証明書」と「教科書給付証明書」「転入学通知書」を持っていき学校に提出します。
そのときに学校の特徴、必要な用品などを聞いておきます。

 

Cお子さんと一緒に体操服やジャージ、通学帽子などの学用品を買いに行きましょう。

 

学校引越し手続き

 

市外や区外への引越しの場合

 

市外への引越しの場合、お子さんの学校の手続きは市内の引越しの時より若干面倒になります。
次は市外・区外の小学生のお子さんの転校手続きを詳しく解説します。

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

小学校引越し手続き

 

@引越しすることが決まって転校しなければならない地域だった場合、まずは学校に電話をかけて担任の先生にお知らせしましょう。
先生が書類を用意してくれますが、日数がかかることもありますので早めにご相談ください。
新居が決まっていればその住所もお知らせください。まだ決まっていない場合は、決まったらすぐに連絡してくださいね。

 

しばらくすると学校から「在学証明書」と「教科書給付証明書」が発行されます。
印鑑を用意して取りに行きましょう。

 

Aそして引越し前に市役所で「転出届」を提出します。
引越し日の2週間前から提出することが出来ます。

 

B引越しをしたら新居に最寄りの市町村役場に「転入届」を提出します。
これは引越し後2週間以内に提出してください。
新住所の住民票を取りましょう。。

 

そして市役所の中にある教育委員会もしくは関連施設に「新住所の住民票」と「在学証明書」を提示すると、通うべき転入先の学校を教えてくれて、「転入学通知書」を発行してくれます。

 

C転入先の学校にまず電話で転入したい旨を伝え、訪問日を決めます。
学校の雰囲気なども知っておくといいのでお子さんも同行したほうがいいですね。
訪問日に「在学証明書」と「教科書給付証明書」「転入学通知書」を持っていき学校に提出します。
そのときに学校の特徴、必要な用品などを聞いておきます。

 

Dお子さんと一緒に体操服やジャージ、通学帽子などの学用品を買いに行きましょう。

 

 

引越しの際、小学校や中学校の手続きのためにあちこちに行かなければならないので大変ですが、頑張ってくださいね。

 

学校引越し手続き

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが沢山あるので、おおまかな流れを把握しておくと便利です。
ぜひ引越し前に一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まず引越し業者を決めたいところですが、これはまず新居が決まってからのほうがいいです。
なぜなら新居物件のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによっても引越し料金が異なるからです。

 

ですから引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからなのです。

 

さて次に、不用品をどんどん処分しましょう。
新居に持って行ってからゆっくり分別したい気もわかりますが、いらないものを運ぶにも費用がかかるのでとても勿体ないのです。

 

不用品は売ったり、あげたり、捨てたりするにも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しなら「転出届」を提出します。これを出さないと新居での手続きが進みません。

 

役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
手続きは各会社によって異なりますから、まずは電話で連絡をして引越し日をお伝えください。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届かないのは困りますね。
最寄りに郵便局に行き、転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータ、見られたくないものなどは自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。
こちらは引越し後2週間以内に行ってくださいね。手続きを忘れると選挙のお知らせなどが届かなくて不便です。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
こちらも先延ばしにすると忘れてしまうので、早めに行きましょう。

 

 

引越しの時期と費用

 

引越し 繁忙期

 

引越し費用は「1年中いつでも同じ値段」ではありません。
たとえ同じ距離、同じ荷物の量で引越しをしても、繁忙期と通常期では引越しの値段が変わります。

 

引越し業者には繁忙期があり、この時期は費用が高くなります。

 

繁忙期はいつかと言うと、ズバリ3月です。正確には2月の終わりかた4月の始めが繁忙期です。
3月は1年で一番引越しの件数が多くなり、引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

なぜなら日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするからです。
さらに多くの会社で春と秋に大きな人事異動があり、春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。

 

転勤の辞令が出たサラリーマンとその家族、単身赴任をするサラリーマンの引越しも繁忙期に加わります。
これだけ多くの引越し理由があるのですから、日本全国の引越し業者が繁忙期は大忙しなのです。

 

もしもこの時期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。